寝酒は体に良くない?睡眠に悪影響なお酒の量とは

不眠対策として寝酒をする人も多い

「明日も仕事があるから今日は早く床に就かなければならない」、そんなとき眠気を誘うためにお酒に頼る人もいるのではないでしょうか。いわゆる“寝酒”です。

日本人は特にこの寝酒をする人が多いようですが、実際に効果が期待できるのかどうかをまとめてみます。何も考えず噂程度で「お酒を飲むと眠りにつきやすくなる」と考えている人は、ここで一度正しい知識を頭に入れておきましょう。

寝酒は睡眠に悪影響?

お酒は、少し飲む程度であれば確かに眠気を誘いやすくなる効果が期待できます。

グルタミン酸という神経伝達物質がありますが、この分泌量が増えると脳機能が活性化します。お酒はグルタミン酸が活発化するのを抑える効果があるのです。この作用によって脳の働きが和らぎ、眠りに入りやすくなるというわけです。

しかし、これは普段寝酒をしていない人や、ごくごく少量のお酒しか飲まない人にしか当てはまりません。

飲酒量が増えると、むしろ睡眠に悪影響を与えてしまいます。次第に眠りも浅くなり、長時間寝ていることができなくなるでしょう。
毎晩寝酒をしているとアルコールに対して徐々に耐性ができ、脳の働きを和らげる効果も薄れていきます。

寝酒の効果が薄れると、人はさらに多くのお酒を飲もうとします。確実に飲酒量が増加し、最悪の場合にはアルコール依存症になるリスクさえ生じます。

たまにであれば効果が期待できる寝酒ですが、頻度や量を間違えるとむしろ睡眠には悪い影響を与えるので注意しなければいけません。

頻尿やいびきの原因となることも

言うまでもありませんが、お酒も水などと同じ水分です。寝る前にお酒を飲むと、それだけ体内に水分を貯めることになります。人間の体はよくできていて、睡眠中は尿を作る働きが起きている時と比べて弱まるような仕組みになっているのですが、アルコールはこの仕組みを阻害することがわかっています。

つまり、お酒を飲んでから寝ている人の体内では、睡眠中にもかかわらず次から次へと尿が作り出されているのです。

寝酒の量が多い人は、夜中にトイレに行きたくなる頻度も増えてしまうでしょう。飲酒量が多ければ睡眠も浅くなってしまうため、ちょっとした尿意でも目が覚めてしまいます。

また、お酒は筋肉の働きを弱まらせる作用も持っています。舌をしっかりと支えられず気道をふさいでしまい、さらには血流が良くなることで鼻が詰まりやすくもなり、これがいびきの原因となることもあるのです。

どの程度お酒を飲むのかや体質などにもよりますが、良かれと思って習慣としている寝酒が、実は頻尿やいびきの原因となっているかもしれません。心当たりのある方は、一度睡眠前の飲酒を控えてみることをおすすめします。

まとめ

  • 日本人は世界と比べても寝酒を好む人が多い傾向があるようです
  • 少しの量であれば効果が期待できる寝酒も、量が多くなると逆に眠りが浅くなり睡眠に悪影響を及ぼすリスクが高まります
  • 飲酒による体へのあらゆる作用により頻尿やいびきの原因になることもあるので、寝酒をする際には注意が必要です

寝酒はほどほどに。ちなみにノンアルコールビールはどうなのでしょうか。こちらについても書いてみたのでぜひご覧ください。