美味しく飲むためには必見!正しいお酒の保存方法について

お酒の正しい保存方法

お酒は時間の経過によって味や香り、色などに変化が生じるものです。それが熟成という形で良い方向へと進むこともあれば、劣化という形で悪い方向へと進むこともあります。正しい方法で保存していなければ、劣化してしまうことになるでしょう。

お酒は種類ごとに保存方法が微妙に異なることもあるので、ここで正しい保存方法を把握し、できるだけ美味しく飲める状態を保つように心がけてください。

ワイン

ワインをベストな状態で保管するには、ワインセラーを使用することをおすすめします。もしワインセラーが用意できないのであれば、温度の変化があまりなく直射日光などの光が遮られている、いわゆる冷暗所に保管してください。

温度は13〜15度、湿度は65〜80%ほどに保たれている環境が理想です。また、瓶内に空気が入り込まないようコルクをワインで湿らせるため、寝かせた状態で保存しておくのも一つのポイントとなります。ワインは振動にも弱いので、できるだけ揺れない場所を選ぶといいでしょう。

これらの保存方法は未開栓のワインにも開栓済みのワインにも共通して言えることです。

開栓後は真空ポンプを使用し、専用のストッパーで栓をしましょう。瓶内の空気を追い出して保管することで、より長く美味しい状態を保つことができます。空気を抜いて栓をした後は、説明した温度や湿度などを保てる暗所に保管してください。

ウイスキー・ブランデー

ウイスキーやブランデーは、ともにアルコール度数が40度前後と非常に高くなっています。そのため、簡単に劣化してしまうことはありません。

それでも高温と直射日光は避けたいので、冷暗所に保存してください。湿気がこもるような場所も避けましょう。また、瓶は立てた状態で保管することをおすすめします。

栓を開けていないものも開けてしまったものも、基本的な保存方法は同じです。ただ、開栓後は未開栓の時よりも劣化しやすい状態になっています。栓はしっかりと締めた上で保管しましょう。

もしすぐに飲まない場合には口部分にパラフィルムと呼ばれるテープを巻いておくと、空気の侵入を防ぎ酸化による劣化を遅らせることができます。

焼酎

未開栓の焼酎に関しては、光の当たらない場所に置くことを意識してください。直射日光はもちろん、ライトなどの光もできるだけ避けましょう。

特に透明な瓶に入っているものは光がお酒に当たりやすいため要注意です。付属の箱に入れるなどして暗所に置いておいてください。
温度に関しては25度以下の場所での保管が理想です。少なくとも30度以上になるような場所は避けてください。

開封後の焼酎も同様に光に注意して保管しましょう。栓をしっかりと締めた上で冷蔵庫の野菜室などを利用し保管することをおすすめします。野菜室の温度は少し低めですが、湿度や光などに関しては焼酎の保存に適しているため、外に置いておくよりも美味しさを維持することができます。

日本酒

日本酒も他のお酒と同様に光に弱い飲み物のため、明るいところに保管するのは避けましょう。太陽の光はもちろんですが、蛍光灯の光も当たらないように気をつけてください。

未開栓の日本酒ですぐに飲まないようであれば、新聞紙などで瓶を丸ごと包んで保管する方法をおすすめします。これであれば光が入りにくくなるため、より紫外線による劣化を防ぐことが可能です。

温度変化がほとんどない場所での保存が理想的な日本酒。また、ワインなどのようなコルク栓が使われている訳でもないので、カビの発生などを避けるため湿度が低めのところで保管しましょう。

開栓後は酸化を避けるため、瓶内の空気をできるだけ抜いて冷蔵庫で保管してください。ワインの保管に使われる真空ポンプやストッパーの利用をおすすめします。

ビール

ビールも他のお酒と基本的には同じで、温度があまり高くならず光の当たらない冷暗所で保存しましょう。スーパーやコンビニで売られているような一般的なビールであれば、冷暗所での保存で十分です。もし自宅内などに冷暗所がなければ冷蔵庫内での保管でも構いません。

ビールの中には生きた酵母が含まれているものがあります。このようなビールは必ず冷蔵庫で保管してください。

開栓後のビールは、どのようなタイプのものでも冷蔵庫での保管をおすすめします。瓶ビールは真空ポンプなどを使用し瓶内の空気を追い出してから栓をしましょう。
ビールは発泡性のため、美味しく飲むことを考えれば、開栓後はすぐに全て飲み切るか料理などに活用した方がいいかもしれません。

リキュール全般

リキュール類を保存する際には、高温多湿、加えて直射日光を避けられる場所を選びましょう。

リキュール類は20度前後のアルコール度数のものが多く、中には40度を超えるものもあります。そのため未開栓であれば、そこまで神経質になる必要はありません。冷暗所に保管しておけば問題ないでしょう。

開栓後は、空気に触れないようしっかりと栓を閉め冷暗所に保管してください。アルコール度数の低いものは冷蔵庫に入れ、早めに飲み切ってしまうことをおすすめします。

まとめ

  • お酒を美味しい状態で飲むには、保存方法を知り実践する必要があります
  • ワインや日本酒などの醸造酒は劣化しやすいため冷暗所で保管し、開栓後は瓶内の空気を抜いて保管しましょう
  • ウイスキーやブランデー、焼酎のような蒸留酒も冷暗所で保存し、開栓後は栓をしっかりと閉めて保管しましょう
  • ビールやリキュール類はアルコール度数やタイプによって保管場所等を工夫することが求められます

お酒の保存方法の他に、みなさんシャンパンとスパークリングワインの違いについてご存知ですか?ついでにこちらについてもぜひ知っておいてください