より高く売るには?酒買い取り額UPの方法まとめ

酒買い取り業者によりお酒を高く売るには

お酒の価値や値段はブランドや銘柄などの他に、状態や世の中のニーズなどによっても大きく上下することがあります。その状態などに関して少し気を遣うことができれば、より高く買い取ってもらうことができるでしょう。そのコツやポイントなどをご紹介します。

①自分できれいに掃除してから買い取りに出す

古いお酒でも状態が良ければ、より高い金額で買い取ってもらうことができます。コレクターなどが欲しがる貴重なお酒でも、保管状態が悪ければ買取価格は下げられてしまうでしょう。

当然、酒買い取り業者はお酒の状態も査定の基準としているので、お酒を業者へと査定に出す際には、事前に掃除をしておくことをおすすめします。
掃除といっても、大げさなことをする必要はありません。お酒本体や付属品などについたほこりを落とし、乾いた布で軽く拭いておくだけでも十分です。

保管状態があまり良くないお酒は、むしろ強く拭いたりすると危険です。コルク栓が欠けたりラベルが剥がれたりすれば、その時点で価値が落ちてしまいます。軽く拭いて落ちない汚れはそのままにしておいた方がいいでしょう。

②なるべく早く売る

飲まないだろうと思ったお酒があったら、その時点で酒買い取り業者へと持っていくようにしてください。なるべく早く売った方が、高い査定額をつけてもらえる可能性が高まります。

その理由の一つが、お酒の状態です。お酒は出荷された時点から徐々に空気と触れ酸化し、香りや味などが落ちていきます。熟成させた方が美味しいお酒も確かにあります。しかし、そういうタイプのお酒は生産者側で熟成してから出荷しているので、基本的には世の中に流通した時点で飲み頃になっていると考えるべきでしょう。つまり、消費者が手にした後、時間が経てば経つほど風味などは落ちていってしまうのです。

酒買い取り業者が、風味が落ちたお酒よりも飲み頃のお酒を買い取りたいと考えるのは当然のこと。だから、早く売った方が高い買取価格をつけてもらえるわけです。

もう一つ、保管状態にも理由があります。一般の家庭には、お酒に最適な保存環境はなかなか整っていません。そんな中で長期間保管していると、ほこりや汚れがついたり、場合によってはコルク栓や瓶が割れる、ラベルが剥がれるなどしてしまいます。そのような状態になると買取価格は大きく下がることになるでしょう。

なるべく早めに売ることで、こうしたリスクを下げながら、その時点での最高価格で買い取ってもらうことができるのです。

③一度にまとめて買取に出す

飲む予定のないお酒が何本もあるのであれば、1本ずつ売るよりもまとめて買取に出した方が、確実に買取価格を上げてもらうことができます。

酒買い取り業者がお酒を買い取るとき、査定や鑑定をしたり売り手と交渉をしたりと、何かと手間がかかります。出張買取では車などでお客さんのところに行かなければいけません。宅配買取では専用キットを用意したりするのにも経費や手間がかかります。

一度にまとめて買取に出すことで、買い手の業者側としては、こうした経費や手間を小さくすることができるのです。

これが、まとめて買取に出した方が高く買い取ってもらえる理由です。削減できた経費や手間のぶんを、買取価格に上乗せしてくれるわけです。

まとめ

  • お酒はほこりやちょっとした汚れなどを拭き取って綺麗にすることで高く売ることができます
  • できるだけ早く売ることでお酒の劣化が防げるので、できるだけ高く買い取ってもらうことができます
  • 一度にまとめて買取に出すと酒買い取り業者の手間や経費が省けるぶん、買取価格を上げてもらえます

お酒を買い取ってもらうのに色々な買取方法があります。その中でも店頭買取とはについてから学ぶと自分がどういった買取方法が合っているのかわかっていただけると思います。