実は酔っ払うこともある?ノンアルコールビールの注意点まとめ

ノンアルコールビールは2種類ある

「ノンアルコールビール」というと、アルコールのまったく含まれていないビール風の飲料だと考えている人も少なくないでしょう。この認識は半分は正しいのですが、半分は間違っています。実は、ノンアルコールビールは2つの種類に分けることができるのです。

1つは、アルコールが一切入っていない正真正銘のノンアルコールビール。もう1つは、アルコール度数1%未満のものです。

日本の法律ではアルコール分が1%に達していなければ“ノンアルコール飲料”と表現することが許されています。そのため、その基準に当てはまるビールはノンアルコールビールに分類されるのです。

“ノンアルコール”という言葉に惑わされないようにしてください。説明した通り厳密には2種類あり、しかもその2つにはお酒に耐性のない人にとっては大きな違いがあるので、細心の注意を払いながら楽しまなければいけません。

こうした種類や違い、定義などを知らないままにノンアル飲料を嗜んでいると、トラブル等を引き起こすこともあります。お酒はリスク等を知った上で楽しむものですから、ノンアルコール飲料に関しても正しい知識を頭に入れながら楽しむようにしてください。

ノンアルコールビールの注意点

“ノンアルコールビール”と呼ばれるお酒の中には、わずかではありますがアルコールが含まれているものも存在していることはお伝えした通りです。お酒が強い人にとってはビール風味の炭酸飲料にしか感じないかもしれませんが、極端にお酒に弱い人であれば、ノンアルビールでも酔っ払ってしまう可能性があるでしょう。体にも様々な変化が現れてくるはずです。

約1%の度数のビール缶を4〜5本口にすれば、それは通常のビール缶を1本飲むのと同じ程度のアルコールを体内に取り入れたことになります。ビールを1〜2口飲んだだけで酔っ払ってしまうような体質の人は、ノンアルといえどもごくごくと飲むととても危険です。

最近は“アルコール度数0.00%”などと表示している正真正銘のノンアルビールが流行っていますし、多くの銘柄が流通しています。そのため、表示や表記によっては実際にはアルコールが含まれているお酒であるにもかかわらずアルコール度数0%と勘違いしてしまう人も少なくありません。特にお酒が弱い人は、飲む前にその飲料のタイプを確認するようにしてください。

他人にお酒を勧める際にも十分に注意を払いましょう。お酒が苦手な人に対して「実際にはお酒じゃないから大丈夫」と勧めたものに、もしかしたらお酒に該当する成分が微量ながらも含まれているかもしれません。もし口にしてしまえば、健康被害やトラブル等を引き起こしてしまうリスクすら生じます。

入念にチェックしてから飲んだり飲ませたりすることを徹底しておきましょう。

運転前に飲むのは注意が必要

運転する前にお酒を飲むなんて言語道断です。ごくわずかでも口にしたら、絶対に運転してはいけません。車だけではなく、バイク、自転車、重機など、あらゆるものの運転を避ける必要があります。

では、ノンアルコールビールはどうでしょうか。お酒の成分が一切入っていない飲料であれば、飲んだ後に運転しても特に問題とはならないでしょう。ただ、説明したようにアルコール分が1%未満であればノンアルコールと表示できるので、口にしたものにはもしかしたら少量のアルコールが含まれている可能性もあります。このようなタイプのお酒を口にしたのであれば、やはり車の運転は控えるべきです。

体重や体質などにもよりますが、酒気帯び運転とみなされる基準に達してしまう飲酒量はビール1缶ぶん(350ml)ほどと言われています。含まれているお酒の成分が通常のビールよりも極端に低かったとしても、4〜5本ほど飲んでしまえば、飲酒運転とみなされてしまう可能性が高いでしょう。

お酒に弱い人なら1缶でも正常な判断ができなくなり、重大な事故を起こしてしまうリスクもあります。やはり、ノンアルコールと書かれている飲料を口にするときには必ずアルコール度数をチェックする必要がありそうです。

また、ニオイだけでも酔ってしまうほどお酒に弱い人は、アルコール度数0%のノンアルビールでも注意が必要でしょう。実際に酔っているわけでもありませんし酒気帯び運転になってしまうこともありませんが、運転前のビール風飲料を口にするのは避けた方がいいかもしれません。

まとめ

  • アルコール度数が1%未満であればノンアルコール飲料と定義することができます
  • ノンアルコールビールには全くアルコールの入っていないものと、わずかにアルコールが含まれたものの2種類が存在しています
  • アルコールが含まれているとお酒に弱い人は酔ってしまう可能性があるところがノンアルコールビールの注意点です
  • アルコールがわずかに含まれたノンアルコールビールを4〜5本以上飲んで車を運転すると飲酒運転とみなされる可能性があります

ぜひ注意してノンアルコールのお酒も楽しみましょう。

最近、お酒好き専門の婚活サービスがあるみたいですね。お酒好きの方はぜひ見てみてください。