飲みすぎに注意!お酒が肝臓にもたらす影響まとめ

お酒が肝臓にもたらす影響

お酒が好きな方なら、“休肝日”という言葉は知っているはずです。肝臓を休ませる日という意味ですが、このような言葉があることそのものが、お酒が肝臓に負担をかけていることを教えてくれています。

体内に取り込んだお酒は肝臓によって分解され、中性脂肪へと変化します。もしお酒を飲み続け肝臓をフル回転させる状態を続けると中性脂肪が肝臓に蓄積し、やがて肝機能が弱まったり肝細胞がダメになってしまうでしょう。さらに症状が悪化すれば肝炎や肝硬変、肝がんなど、治療が難しい病気になってしまうリスクも出てきます。

肝臓は、症状が重くなるまで自覚できないという困った臓器。症状が現れた時には手遅れの状態であることも多いのです。
お酒は肝臓に対して確実に悪影響を及ぼし、飲み方次第では肝がんなどの肝臓障害に繋がることを普段から意識して飲酒することが求められます。

飲みすぎは肝臓以外の部分にも影響

お酒の飲み過ぎは、肝臓を壊してしまうだけではありません。体の至るところに悪影響を与えます。

そもそもお酒を飲むと顔も含め身体中が真っ赤になる人がいますが、これはまさにお酒が全身に影響を与えている証拠です。

例えば心臓。お酒で心臓にどのような働きが生じるかは、実はわかりません。同じ人間であっても、お酒に酔って心臓の働きが活発化することもあれば、停滞することもあるのです。血圧が上下したり脈拍も増減すれば、それだけ心臓に負担がかかります。お酒を毎日浴びるように飲むと、心筋梗塞や心不全、不整脈などの原因にもなるので注意しましょう。

お酒は飲みすぎると記憶力が低下したり意識を失うこともあります。つまり、脳にも影響を及ぼしているわけです。大脳萎縮、記憶障害、認知症などのリスクも生じやすくなるので気を付けてください。

他にも、喉頭がんや食道がんのリスクも高まりますし、十二指腸潰瘍や小腸炎、大腸がん、胃がんなどの消化器疾患、生殖器に関する病気などの原因にもなりえます。

健康的な飲み方とは

お酒は、飲み方を変えたり少し工夫したりすることで、健康被害を最小限に抑えることができます。十分に気を遣うことができれば、健康的と言ってもいい飲み方もできるでしょう。

体に負担の大きな飲み方をしないのが鉄則です。例えばですが、一気飲みは体への負担が非常に大きいので控えなければいけません。ゆっくりと少しずつ飲むようにしましょう。
激しい運動の前後にお酒を飲むのも危険です。体のことを考えるのであれば、入浴前や入浴中のお酒も控えてください。

最も効果的な方法は、お酒の量そのものを減らすことです。酔っている自覚が出てこない程度に飲酒量を抑えることで、体への負担もだいぶ和らげることができるでしょう。

また、週に2日間は休肝日を設けてください。これも非常に重要です。肝臓は状態が悪化しても知らせてくれません。壊れた時に初めて気づくので、最悪の事態を避け健康的にお酒を飲み続けるには休肝日はなくてはならないものとなります。

肝臓機能ケアにおすすめのサプリ

お酒の飲み過ぎが体に悪いと知ってはいても、ついつい飲み過ぎてしまったり、付き合いで飲まなければならなかったりするときが誰しも経験があると思います。
そんな時は、肝臓をはじめとした体に良いサプリを取り入れることで、アルコールによる悪影響を和らげるといいでしょう。

お酒の飲み過ぎに特に効果的なのが“しじみ”です。二日酔いに効くと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。そのしじみの成分をたっぷり含んだサプリを発見しました。

それが、付き合い上手たちの愛用サプリ【しじみん】です。

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれる成分“オルニチン”がしじみには大量に含まれています。他にも肝機能を活性化させるタウリンも豊富に含まれており、お酒飲みには嬉しい成分で溢れているのです。

できるだけ効果を実感したい人には、しじみの殻に含まれた成分も配合している「しじみん」をおすすめします。リピート率が90%と効果を実感している人が多い証拠だと思います。しじみサプリメントの売り上げでも堂々の1位を獲得。二日酔いでお悩みの方はぜひ「しじみん」試してみてはいかがでしょう。

まとめ

  • お酒は飲み過ぎると肝臓に負担を与え、肝機能障害をもたらすリスクが高まります
  • 大量の飲酒は肝臓以外にも、心臓、脳、胃腸、生殖器などにも悪影響を及ぼす可能性があります
  • 運動の前後や入浴中・後の飲酒は避け、ゆっくりと飲むことを意識しつつ休肝日を設けると、体への負担を抑えることができます
  • どうしても飲み過ぎてしまった時には、しじみサプリを飲むことで肝臓の負担を和らげることができるでしょう

健康には気をつけたいですね。寝酒は体に良くないかどうかも調べてみたのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね。