【店頭買取】酒買い取り業者の店頭買取とは?こんな人にオススメ

酒買い取り業者の店頭買取とは

酒買い取り業者の中には、実店舗を構えているところがたくさんあります。そのような実店舗に直接お酒を持ち込んで買い取ってもらう方法が「店頭買取」です。

実店舗といっても、オフィスのようにテーブルと椅子が並べてあるだけの店舗もあります。このようなところでは買い取り業務のみを行っています。一方で、お酒の販売も行っている店舗もあります。お酒好きの人にはたまらない空間となるでしょう。

店頭買取の予約を入れなければならない業者もあるので、利用の際は注意してください。販売も行っている業者であれば飛び込みでも大丈夫ですが、買い取り業務のみを行っている店舗では出張買取などで不在になることもあるので、事前に予約や連絡を入れてから訪れましょう。

そもそも酒買い取りサービスとは何かという方は、こちらを先にお読みいただくといいと思います。

店頭買取を選ぶメリット

店頭買取によってお酒を売るメリットを3つ取り上げます。人によってはかなり大きな利点に感じられるでしょう。もしそう感じることができたら、ぜひ実店舗に直接出向いて酒買い取りサービスを利用してみてください。

①その場ですぐに現金化できる

店頭買取の最大のメリットは、その場ですぐに現金化できることです。

お酒を売ったあと、現物は渡しているのに現金が振り込まれるのは後日、という取引だと少し心配になる人もいるでしょう。店頭買取なら、お酒と現金をその場で交換してくれます。現金を全て受け取って帰ることができるのです。

大半の業者が現金化に上限を設けていません。高級なワインや希少なウイスキーなど数十万円、あるいは100万円を超えるような高額取引であってもお酒と引き換えに現金を支払ってくれます。

目の前で現金を支払ってくれれば信頼できますし、気分も良いはず。高額取引となった場合には大金を持ち歩くのが少し心配にはなるかもしれませんが、近くのATMなどから口座に預け入れることもできるので、そこまで不安に思う必要もないでしょう。

②値段の交渉がしやすい

店頭買取は、酒買い取り業者が運営する店舗でスタッフさんと対面式で取引を行います。取引といっても、基本的にはスタッフさんがお酒の査定や鑑定を行い買取金額を提示して買い取るという流れになります。

お酒を売る側は待っているだけでも取引することが可能ですが、場合によっては交渉に乗り出すこともできます。これも店頭買取のメリットの一つです。

具体的には、「もう少し買取金額をアップしてくれませんか」とお願いしたり、「他の業者さんではさらに1万円高い査定をつけてもらっていたんですけど」などと揺さぶってみたりなどすることができます。

値段の交渉をすることで、買取金額が上がる可能性は十分にあるでしょう。特に高価なお酒を売る場合などには有効です。

③キャンセルもその場でできる

酒買い取り業者のスタッフさんと直接顔を合わせながら取引や交渉ができるということは、その場でキャンセルもできるということです。もし交渉しても買取価格を上げてもらえなかったり、そもそも提示された査定額があまりにも低い場合にはキャンセルを申し出ましょう。

キャンセルをしても何も問題ありません。店頭買取でキャンセル料を要求する業者はまずありませんし、お店から出してもらえなくなる可能性も、もちろんゼロです。査定も無料なので、お酒を持って帰らなければならないという面倒さはあっても、金銭的に損をすることはあり得ません。

出張買取の場合にも無料でキャンセルは可能ですが、出張してきてくれた手前、申し訳ないという気持ちが湧きがちです。宅配買取の場合には、キャンセル料が発生したり返送料を要求する業者もあります。

店頭買取はそうしたリスクがないので、キャンセルする可能性が少しでもあるなら、この方法を選択した方がいいでしょう。

こんな人におすすめ

お酒を買い取ってもらいたいとき、店頭買取を利用した方がいいのはどのような人なのでしょうか。メリットを踏まえた上で、店頭買取を選択すべき人の特徴を説明していきます。

すぐにお酒を現金化したい人

店頭買取は、その場で現金化できる点に大きなメリットがあります。今すぐにでもお金が欲しいという人は店頭買取を利用すべきでしょう。

例えばですが、欲しいものがある人や、生活費が必要な人、誰かにプレゼントを買ってあげたい人などは、すぐに現金が必要となるはずです。そのような人は店頭買取を利用することで、お手持ちのお酒を即現金化することが可能です。

一旦受け取ったお金は、もちろん何に使おうと自由です。新しいお酒を買っても構いません。酒買い取り業者のお店の近くで買い物をするのもいいでしょう。

どのような目的であっても、今すぐにお酒をお金に交換したいのであれば、店頭買取を利用することをおすすめします。

売りたいお酒がそこまで多くない人

店頭買取を利用する際には、自分でお酒をお店まで持っていく必要があります。この点は少し手間にはなりますが、売りたいお酒が少ない場合には、むしろ店頭買取の利用がベストでしょう。

数本程度では、出張買取に対応していない業者もあります。宅配買取では現金化のスピードが遅いのが難点です。売りたいお酒がそこまで多くなく、さらに即現金化にこだわるなら店頭買取しか選択肢はないかもしれません。

まとめ

  • 酒買い取り業者が運営する実店舗やオフィスにお酒を持ち込み買い取ってもらう方法が「店頭買取」です
  • 店頭買取は店舗内でお酒と現金を交換できるため、即現金化することができます
  • 業者スタッフと顔を合わせて取引するので、査定額や買取価格の交渉がしやすい点がメリットです
  • 査定時の金額で売りたいと思わなければ、その場でキャンセルすることも可能です
  • 店頭買取はすぐにお酒を現金へと換えることができるため、今すぐに現金が必要な人におすすめの方法です
  • 売りたいお酒の本数が多くないのであれば、即現金化でき交渉もしやすい店頭買取がいいでしょう

人によっては、お酒を自分で売る方もいるのではないでしょうか。たとえばメルカリとかのフリマアプリですね。そこで、メルカリでお酒を売る際の注意点についてまとめたので、そちらをチェックしてみてください。